BLOGブログ
BLOG

30代の美容鍼|恵比寿 アキュパ鍼灸院

2019/10/17

30代の美容鍼恵比寿 美容に特化したアキュパ鍼灸院 院長ブログ


30代に突入するとターンオーバーが40日〜45日を超えるので、急なシミやたるみ、シワ、乾燥肌など様々な症状が出やすく、治り難くなってきます。

当院ではオリジナルのハイブリッド美容鍼(三好式)で各年齢ごとに合わせた施術や自宅でのケア方法を指導しながらお客様に寄り添う形で改善に取り組んでいます。

 

では、本題の30代の三好式美容鍼による治療について簡単に解説します。
シミ乾燥肌…低刺激のピーリングで不要な表面の汚れや角質をとりのぞきます。

次にフェイシャルトリートメントと美顔器を使用して角質層、真皮層への栄養補給。

しっかりとお肌に栄養を取り込んだ状態で、患部と患部周辺への鍼治療をする事で、自然治癒力の向上や血流促進・ターンオーバー促進につながり、ただ鍼だけをするだけの施術に比べて、より高い細胞の活性化につなげる。

またシミの中でも肝斑は唯一自然治癒する事のあるシミで、肝斑にはより繊細でお肌への適切な刺激を考えながら施術する事で、早い段階での改善が見込めるのがこのハイブリッド美容鍼、三好式の強みでもあります。


たるみ…まずは、筋肉の衰えや過度の緊張を改善することがリフトアップ効果を長く保つ方法です。

美顔器による使えていない、使い難くなった表情筋をトレーニングして同時に弛んでいる皮膚や毛穴・筋肉を引き締めます。さらに、フェイシャルマッサージ経絡リンパマッサージで滞った老廃物やリンパ・血流による重力に対する負担や代謝低下による老化を除去し、これらの施術で改善できていない場所(特にたるみを原因をつくっている場所)をメインにお灸を使って皮膚や筋肉・靭帯などの自然治癒力を高め、過度な緊張緩和と適切な緊張をつくる事で、たるみを改善します。

 

三好式美容鍼は鍼灸師からは邪道と思われるかもしれませんが、より 鍼灸治療を可能にする為に、お化粧を落として、症状を直接目で見て手で触れて確認することができる、的確に症状へアプローチできる、適切に消毒ができる、より効果を感じて頂ける鍼灸治療が可能です。

お化粧を落とさない美容鍼はこれからの美容鍼の発展の妨げになりうる可能性を感じており、お化粧を落とした美容鍼を少しでもご理解して頂ければと思っています。

 

【鍼灸師の方へ】

東京・大阪で2週に分け、3日間の三好式美容鍼セミナーも開催しておりますので、鍼灸師の方で興味がありましたら、ホームページの美容鍼セミナーページからご連絡下さい。

 

Acu-pa鍼灸院(アキュパ)

院長:三好秀明

東京都渋谷区恵比寿2−16−6 FLEG EBISU W 112

TEL:3−6450−4010

Mail:info@acu-pa.com

LINE@:@acupa